「カ どこいった?」
小学館より


「おでこはめえほん2 はくぶつかん」
ブロンズ新社より


「ねるじかん」
アリス館より



「おでこはめえほん1 けっこんしき」
ブロンズ新社より



「ぼくとばく」
小学館より



「すなばばば」
PHP研究所より





























































Img_222e40bb2d745c3a2131aeec13f5714dc11852f3
地震から一週間が過ぎました。
被災された方々、今も避難所で不便を強いられている方々、
謹んでお見舞い申し上げます。

わたしは、雑念を振り払うように
絵描きへと自分を仕向ける毎日です。

私自身はあの瞬間、西千葉駅のホームで電車をまっていました。
立っていられないほどの激しい揺れが収まった後、すぐにタクシーを拾い
ビルの一室にある保育園に預けた娘のもとへ。
園長先生に抱えられて近くの公園に避難していた娘を見つけた時の
あの安堵感は忘れられません。

以後、徐々に明らかになることの重大さ。

実態の分からない漠然とした不安の帳につつまれた我が家でも
交わす言葉は減り
それを子どもに悟られまいとする空元気が痛々しい。
今、自分には何ができるのか。できるはずがない、自分がちっぽけすぎる。
あああ、ダメだダメだ…ああああ。

待て待て、これはいかん!
被災してもいないのに、なんでこんなに我が家は困窮した空気なのか!
悲しみを分け合っても誰も得しない!

いろいろ考えた結果、わたしが出した答えは
今まで通り、しっかりと仕事をして
被災していない地域が活力を維持すること。
これは現実的。
募金。
これもすごく現実的。

ちゃんと落ち着いて現実的に考えることがすごくしっくりきたし
それによって自分の心もだいぶ落ち着きました。

穿った考えかもしれないですが
被災地で任務に当たっている自衛官も
原発で決死の作業に当たっている人も
避難所で辛苦に耐えている人も
「感傷的な気持ちはいらん!現実的に判断して、あとは各々職分を全うせよ!」
「復興後にもどっていけるように、被災地以外は元の状態を維持する努力をせよ!」
と思っているのではないでしょうか。

あともう一つ、大切だと思うのは
この気持ちを持続させることです。
即効性のある支援策ももちろん大事ですが
今回の震災から立ち直るには、多分気の遠くなるような年月が必要になります。
時間の経過とともに変わるニーズに応えられるように
しっかりと目を向け続けていくことが大事だと思います。
今は何もできなくても、そのうちできることが必ず出てきます。
それは震災復興という具体的なものだけでなく
今のこの助け合う気持ちや絆の意識を
心に抱きながら日々の行動に反映するということだったりすると思います。
そう考えると、未来に光が見えそうだし
みんなで震災乗り越えたぜ!って言える気がするのです。

Comments

teru | 03.24.2011 00:05
初めてコメントさせていただきます、teruと申します。
のりたけさんの日記はもう3年ほど前からのお気に入りで…「今夜もだいのじ(猫)」や、「おにぎりTシャツ」も楽しく拝見させていただいておりました。
と、言いますのも「ケチャップマン」の絵本を出版された頃、私も同じく文芸社ビジュアルアートさんで絵本の出版をさせていただきまして…(お恥ずかしい)
ホームページより、個性派賞(でしたっけ?)の、のりたけさんの作品がすごく印象的でリンクされてる日記を読むようになりました。その後のご活躍もすばらしく、ほんとに絵が上手いなぁーと感動してしまいます。影響されて、コピックマーカーも買ってしまったくらいのファンです。
で、この震災から1週間後の日記を読んで、まさに私も思っていることであり、何だかちょっと嬉しくなってコメントを書いています。さすが!作家さんですね。文章も!うまい。
ほんとに今の助け合いの気持ちを持続しながら、自分の出来ることを一生懸命尽くし、この危機を乗り越えたいと思います。
ほんとに素敵なメッセージをありがとうございました。
のりたけさんのご活躍、これからも応援しております。
のりたけ | 03.24.2011 21:44
teruさんこんにちは。
ということは大賞だった方ですね!
サンタさんのやつですよね。(間違ってたらごめんなさい)
あれは完成度が高くて、敗北感とジェラシーに苦しんだのを覚えています。
それにしても、もうあれからずいぶんと時が流れましたね。
日記や絵に対する好評をいただきうれしいです。
HP、ブログなど、
teruさんの近況情報など知れる場所があるようでしたら
メールにでもまたご連絡ください!

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする