「おでこはめえほん1 けっこんしき」
ブロンズ新社より



「ぼくとばく」
小学館より



「すなばばば」
PHP研究所より





























































Img20080210132459
noritakesuzuki.comの日記を
プチホームページサービスのブログに移動しました。
日記というからには、さらりと更新できるブログ形式でないといけません。

個展をやってたくさんの方にHPアドレスをお知らせしたのに
訪れてくれた人のレスポンスがまったく受け取れない状況で
まったくもって準備不足でした。

御年70を越える親戚のおばさんにもダメ出しをされるほどでした。
「わたしなんか世界中から書き込みがあるのよ!」って。

ウチの奥さんがプチユーザーで
更新する姿を横からちょこちょこ見ていたのですが
なかなか楽しそうでいいなあと思っていたんです。

ここにきてやっと重い腰を上げたわけです。

よろしくお願いします。

ちなみにプチ以前の日記はこちらです。 (Click!) 





Img20080212222000
毎月おじゃましているお食事イベント「manma会」で
今月もおいしいお酒をたくさんいただきました。

来月はお休みらしいですが、4月にはまた開催されます。
食事テーマも募集中とのことですので
あれ食べたいこれ食べたいという自分の欲望をぶつけましょう。
参加おすすめです!

さて、昨日は、一昨日の「manma会」を終えての休肝日とする予定でしたが
朝から1日仕事だったので、帰宅したら飲まざるを得ません。

なるべく体にやさしくということで嫁さんと話し合った結果
日本酒をぬる燗にするという、玉虫色の解決策に落ち着きました。

「温い飲料=体にやさしい」という漠然としたイメージだけで自分を騙し切る
E難度の離れ技です。
Img20080215132807
私の生まれ故郷、静岡県の中日新聞に絵本を送ったところ
掲載したいとのお電話をいただきました。

ネタに困っているんでしょうかね。
ありがとうございますとお礼をしたら、
いえいえ、こちらこそありがとうございますと丁重なお礼の言葉をいただきました。

電話で根掘り葉掘り質問を受けました。
どんなことを伝えたいですか?いつから描き始めたんですが?絵の勉強はどこで?
いろいろ答えながら、あらためて自分はイレギュラーな道を歩んでいるなと実感しました。記者さんも「へぇ~」という感じでしたし。

どんな扱いになるのかまだ分かりませんが、掲載は必ずしてくれるそうです。
どう転んでも、新聞紙面に「ケチャップマン」と印字されるだけで、
してやったり感があります。

詳しい掲載日がわかったところで
またみなさんにご連絡したいと思っております。

はばたけ、ケチャップ!
Img20080221130041
なんか、文句ある?と言いたげな視線。
週末に外出した先で
なんと!猫の散歩を目撃しました。

「なんと!」っていう程のことか?とお思いの方々、
だって、人のあとをお行儀よくついて歩く猫ですよ。
おばあちゃんが立ち止まると、
猫もちゃんと立ち止まって待つんです。

猫は勝手気ままに生きる動物だ
スキあらば魚をくわえて逃げるものだ
そう思い込んでいたわたしにとって
かなり衝撃的な出来事でした。

Img20080223113907
ンムギュ!
Img20080226025337
高飛びには向いていないしくみです。
昨日は、フットサルカフェ「KEL」での4周年記念パーティーにて
ケチャップマン展をご一緒させていただきました!

カフェスペースの壁に絵をぐるりと飾って
床にはケチャップマン展お決まりのケチャップ爆発模様をデザイン。
一角に絵本と絵の販売スペースも設けさせてもらいました。

ご購入いただいたみなさん、ありがとうございました!

パーティーの模様は、
そのうち奥さんのブログ「鈴木家暮らし」 (Click!) でアップされるはずです。
多分。
アップするように頼んでみます。
お願いしてみます。

そしてやっぱりKFP(KEL Futsal Party)は楽しいなあ。

お子さんに絵本を直接手にとってもらう機会もあったりして
しかも気に入ってくれたみたいで
ほんとによかった。
Img20080227090320
自己新だすもメダルに及ばず
絵を描いていると奥さんから
「ケチャプマンはいつから陸上選手になったの?」
と聞かれました。

知りません、そんなの。
だって、ただの思いつきだから。

始まりはいつでも思いつきなんです。
Img20080229014732
出会いは突然にやってきた。
この一連の絵はコピックマーカーを使って描いているんですが
マーカーの色がきれいで色付けが楽しいんですよねぇ。
紙へのインクのしみ込み具合もなんだかちょうどいい。
一本400円弱と結構高価であるにもかかわらず
ロングセラーである理由が分かる気がします。
やっぱり道具も大事ですよね。
やる気がプラスされます。