Noritake Suzuki

バナーを作成



























































Img20100301223556
買い物に行った店にあったおもちゃの楽器にたわむれる

写真とはまったく関係ないですが
今日は初めての青色申告をするために
税務署に行きました。

もともと分からないことだらけで
当たって砕けろ(&助けて!)という状態で出かけたのですが
結果は、書類に不備が山ほどあり
けんもほろろに家に舞い戻ってきました。

青色申告会の方がかなり親切に説明してくれたんですが
それを家の青色申告ソフトで再現しようとすると
これがまた上手くいかない。

ソフトが逆に足かせとなる
本末転倒も甚だしい状況です。

特に貸借対照表が鬼門で
まったく理解できていません。

貸借の対照を表にするほど
複雑で大きなお金の動きは
全くないのですが。

Img20100307223045
シャッター速度 1/160

子どものおもちゃを買いにいって
コマを見ていたら
「お子様はおいくつですか?」と聞かれ
「一歳と3ヶ月です」と答えたら
「このコマはまだちょっと早いですかねぇ」と言われたが
諦めきれず、自分用にという理由で、そのコマを購入。

子ども用のおもちゃといえども
やっぱり自分の欲しい物を買いたいです。

※ちゃんと子供用のコマも併せて購入しました。



Img2a20100307223045
シャッター速度 1/15
Img20100310002929
色が地味め
現在2本製作しておりまして
3月と5月に締め切りが設定されているのですが
両方ともなんか厳しくなってきたような気がします。
あまり弱音ははきたくないのですが
まあ、たまには。
それが日記の役目でもあるでしょうし。

話は変わるのですが
今日、娘が「だいじょうぶだぁ」と口走ったように聞こえた。

なぜ、志村ばかり!?

Img20100310003548
我が家のシタールが
Img1b20100310003548
割れました
ほぼインテリアと化していた
我が家のシタールが
仕事場引っ越しの最中に破損してしまいました。

これを機に、ピックアップでも仕込んで
エレキシタールに改造しようかな。


そういえば
雑誌「イラストレーション」さんの「絵を買おう」に出展していた絵に
買い手がついたとの連絡をいただきました!

この2点です。
Img2a20100310221221
Img2b20100310221221
どんな人の手に渡るのでしょうか。

ケチャップマンのマヨ姐の第2の人生が
幸多きものでありますように!
Img20100314001913
「続・しごとば」の取材で
宇宙関係の知識が少しだけつきました。
その中で知ってショックだったのが
2015年での国際宇宙ステーション(ISS)運用停止と
2010年でのスペースシャトル運用停止です。
あれだけこつこつと打ち上げて組み立ててきたISSが
もうあと6年でお払い箱!
もったいない!
そしてスペースシャトルなどは、あろうことか、今年で見納め。
あんなにカッコいい乗り物なのに!

同じ宇宙へのアクセス便に現在ロシアのソユーズとプログレスがあります。
日本も先日HTVという無人便のドッキングに成功しましたね。
大まかな仕組としてはプログレスに近いです。
それらはいわゆるミサイル型のロケットの先端にコクピットがあるので
昔からわたしたちが抱いている宇宙船というイメージとはかなり開きがあります。
しかもほとんど使い捨てです。
それに比べてこのシャトル。
もともとの発想が違いますよね。
宇宙と地上とを行き来する飛行機です。
よくもまあ作ったな、という気さえします。

今日のニュースで、シャトルの運用は
もしかしたらもう少し続くかも、という状況らしいですね。

運用停止になったらなったで
どこかの博物館に保存展示してもらいたい!
Img20100317230755
うーん、作業部屋っぽい
作業部屋の壁一面を全面マグネットボードにしたいと思い
イケアでマグネットボードを物色するも
ボードひとつがあまりにも重い。
全面それにするには、6枚必要だったので
全部つり下げるのは不可能と判断して断念しました。

踵を返して、今度はユザワヤに。
そこで、ロールになった900×600(厚さ0.1ミリ)のステンレスシートを見つけ
これでなんとかマグネットボードを手作りすることにしました。
まあ手作りといっても
スチレンボードにステンレスシートを貼って
その上からまたPP加工してあるツルツルの紙を貼付けた、というだけですが。

壁にコンクリートフックを打ち付けて
そこから作ったボードを3枚つり下げて完成。

こうしてプリント資料をダダダーっと貼付けると
「オレ、仕事している」感が堪能できます!

これの製作にまる1日かかっているので
「仕事が進んでいる」感は、あまりないのが困りものです。
Img20100322003928
ダブルマックツイストに挑む偽ショーン・ホワイト
Img1b20100322004348
怖じ気づいてやっぱり無理と助けを求める偽ショーン・ホワイト
Img20100323115757
昨晩からnoritakesuzukiでツイッター開始しました。
ほぼ作業中継になりそうですが。
そうならないゆとりの日々がはやく訪れるといいなあ。
Img20100326213056
えんがちょ!
Img1b20100326213056
怒ったんか?
Img1c20100326213056
って無視かいな!

船橋西武のおもちゃ売り場で大ハッスル。
同階の全国うまいもの市で大人も大ハッスルでしたが。

Img20100326215819
お風呂の絵、これで最後、と描きあげたら
もう1枚あった。

そして、なかなか筆が動かない。
Img20100331193851
春休みの学校前から空を臨む
Img1b20100331193851
穏やかな海

休日の学校というのは
なにかワクワクさせるものがありますね。
普段規律を守ってルーティンをこなす場所で
いつもと違う特別なことをする
いつもと違う特別な時間が流れるというのが
ある種の高揚感をもたらします。

会社で年末仕事納めの際に
オフィスにて軽食とビールで乾杯!なんていうのも
同じ理由で、かなり高揚します。

やはりなんでもかんでもご自由にどうぞ、というのでは
人間は心から楽しめないのですね。
面倒な生き物ですね。