Noritake Suzuki

バナーを作成



























































Img_79e2c2e2bddd36156d805c168348ece33f4b1750
じっしゃ!じっしゃ!
「じっしゃ」とは、電車のことですが
うちの娘もやはり電車が大好きです。

2歳児用の絵本に
新幹線のページと、特急電車のページがあるのですが
ちゃんと言い分けます。

あと、収集車が大好きです。

朝8時くらいになると、ゴミ収集車が作業に来るのですが
その「ゴオン、ゴオン」というゴミを巻き込む音が聞こえると
「シュシュシャ!」と言って、ベランダへ出てその作業の様子を
じっと見つめ続けます。
面倒なことに、大人も呼びつけて、一緒に見るように指示します。

作業員の方、13Fから毎回こんな熱視線がそそがれているんですよ。
Img_030a0127d7564b85cbe0fd061ac8b7146f1f7011
6月15日発売
ずっと裸ばかり描いているなんて言っていた絵本、
「ぼくのおふろ」の発売日のいよいよ近づいてきました。

お風呂のシーンばかりなので
湯気が充満したほわんとした雰囲気や
気持ち良さそうなお湯の色なんかを
しっかり出すのが難しく
ちょっと発売日がずれ込んでしまいました。

人の肌をキレイに出すために
マゼンタ(赤)のインクを特色に変えたのですが
これが他のいろんな部分のバランスを予想以上に崩してしまい
じゃあ赤を落とそう、あれー落としたら急に浅い色になった、なんてことの繰り返しで
迷走していました。

必死になって描きあげた絵を
印刷物にする最終段階の色校正作業。
毎回勝負です。

原画でいくらがんばっても
最終的にみなさんのお手元に渡るのは印刷物なので
この印刷した時の見栄えこそが絵本のゴールです。
色校正で原画よりいい色が出たり、インパクトのある絵に変わることもあるので
本当は製作のもっと初期段階から
印刷所のプリンティングディレクターさんと打ち合わせできるといいような気もします。
今回はこういうことを伝えたいから
こういうインクを使ってみよう、
とすると、絵はどのように描いていくのがいいのか、
そんな考え方をするのもありだと思うのです。
そうやって作っている人いるのかなあ。
ノウハウ知りたいなあ。

写真は最終の色校正。
製本された本がもうすぐ届くので
楽しみです。
Img_5b33cc694ef0e0667580f9e7cc4a892bd2492250
こびと発見!

近くの公園に娘と一緒に散歩にいったら
こびと (Click!) を発見しました!

リトルハナガシラが6匹
カクレモモジリが1匹

娘に捕えられたリトルハナガシラは
トウチンのはなびらを1枚むしり取られるという憂き目にあっていました。
(家に届いた (Click!) 初日から壊された…)
Img_5c63f0fad1ae027b583317235c0cb88b9fceb8d6
ペナルティーエリアに侵入
Img_26a0820656827f0b053063b2bae0a1f8b9785593
右にスペースを見つけ
Img_fc049b935f3d3937708ebc24abad40e0cdc28958
走り込むように見せかけて
Img_0a9fb9477dc0fb998b55044fa2999f9f18866885
鋭く切り返し
Img_1c8dd9bb542f9582b6fee0efacc5d40ebe3e78f0
結局は外にパス
Img_23e6922f4d5eeddc0973016d5003e220b53e4b4e
魚の本が脱稿して、しごと部屋に平和が訪れているように見えるが、
Img_a8194897e361bdce7eb05b834713cfa3bb4ac88c
描いているのは、やっぱり魚。